2013年5月29日水曜日

Murata CFJ455K5

写真はムラタのセラミックフィルターCFJ455K3、CFJ455K4、CFJ455K5を並べました。

このうちCFJ455K5はムラタのCFJ455Kシリーズでもっとも有名なフィルタではないでしょうか。手持ちの受信機でもICOMの現行受信機IC-R75やIC-R8500に使用されていますし、過去にはトリオのR-1000にも使用されいました。

R-1000の初期型(SSBフィルター、AM-Nフィルターの切り替えができないタイプ)では上の写真中央のCFJ455K4(2.7kHz)が使用されていたとの情報もありますが確認が取れていません。その下のCFJ455K3の特性については全く不明。ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示お願いします。

手持ちのCFJ455K5はトリオのR-1000の保守用にケンウッドさんから10年ほど前に購入しました。現在でもCFJ455K5が使用さている受信機の販売元から入手が可能なのかもしれません。

最新電子回路用フィルタ規格表、CQ出版社、1988、p249

CFJ455K5
中心周波数                           455kHz
6dB 帯域幅                            2.4kHz
60dB 帯域幅                          4.5kHz
スプリアス                              60dB(0.1-1MHz)
挿入損失                                6dB
リップル                                    2dB
入出力インピーダンス           2.0kΩ

「Wコールがききたくて」総合索引へ

0 件のコメント:

コメントを投稿